2009年08月02日

建物探訪1

独立して初めて基本計画をした住宅の上棟の現場に行ってきました。

日曜日なので誰もいませんでしたが一人で写真を撮りながら1時間ほどいろいろと眺めておりました。



やっぱり物ができる課程というのはいいものですね。

木のいいにおいと共にすごく期待が高まります。

今回の住宅はツーバイフォー工法ということで工場制作の現場組み立てみたいなものなので一日で建ち上がってしまいます。

きのうまで何もなかったところに急に「うち」が建っちゃうわけですね。

すげ〜

imgp3756.jpg
物作りはなんでもそうですが、始めは頭の中で想像しているだけでしかないものがカタチになっていくものです。

明確なイメージが無くては図面にすることも不可能なのですがこのスケール感だけは想像を超えるというか、圧倒されます。

100分の1の絵がまさに100倍になっちゃう瞬間ですね(笑)



建物内部です。
imgp3750_1.jpg
リビングルームとファミリールーム1、ファミリールーム2が見えます。

家族の繋がりを大切にした間取りです。

さらにその上にはロフトでしょうか。



imgp3738.jpg
ファミリールームからロフトを見てみました。

すぐ手の届く高さなので荷物の上げ下ろしは楽ですね。

ロフトは階数には含まれませんが高いところにあるのが玉に瑕。

段差を利用することでより利用価値を高めることができると思います。



現場では図面だけを頼りにこんな大きい物を作り上げてしまいます。すごいことだと思います。

改めて図面を描くことは表現することだと実感しました。
posted by カナダ at 22:58| Comment(0) | しごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。