2009年06月07日

立川生志落語ライブ

寄席に行ってきました。

寄席と言っても某有名FM局のイベントなので無料なのです。

タイガー&ドラゴン辺りから落語は気になっていたのですが、生で聴いたのは初めてでした。



噺は弟子の小春さんがひとつと生志さんがふたつの計みっつ。

なにせ会場が畳敷きですからなかなかにつかれましたが相当楽しかったです。



プログラムがなかったのであとで調べてみました。



こいがめ・・・主人公のふたりが現在の漫才のようなやりとりをするところが軽快でおもしろい。内容はわかりやすいのですがオチは知らないとちょっと戸惑います。鯉と肥(こい)がかかっているようですが、現代人には馴染みがないですね。知っていればオチのところで「よっ!」とか言いたくなります。



反対車・・・師匠の談志さんから教わったと思われますが、たぶんかなりアレンジしてあります。東京の地名がたくさん出てきても我々田舎者にはわかりませんからね。枕というか漫談(笑)の部分が長くてそれがおもしろ過ぎたんですが、落語に見事に絡んでましたからやっぱり枕だったのでしょう。それにしてもスピード感があってとてもおもしろい噺ですね。途中で芸者さんにぶつかって川に落とすんですが、「助けて」って言ってるのに「助けるぐらいなら車屋やってるか!」とか全く意味がわかりません(笑)上野に行くはずが最後は青森に着いちゃうあたりが立川流なのかもしれません。



ねずみ・・・この噺には子供が登場します。当たり前ですが、落語家さんというのは子供から大人まで、男性も女性もひとりで演じるわけですから相当な演技力ですよ。ちなみに前座の小春さんは女性ですが、オッサン二人+αを見事に演じ分けてましたね。師匠の子供ももちろん見事でした。感心しました。木彫りのねずみがしゃべったり動いたりと落語って不思議な設定ですね。教訓めいたところもあり昔話のようでした。



今回の寄席で伝統芸能の良さを改めて実感しました。噺のおもしろさもさることながら、演者の演じ方やアレンジされ具合、観客のウケるポイントも人それぞれだったりして興味深いです。



FM福岡さん、またタダでやってください。
posted by カナダ at 18:02| Comment(2) | 今日の出来事
この記事へのコメント
「反対車」で、芸者が川に落ちる場面。
あれもちゃんと意味があるんですよ!
もともと「揚げる」という言葉には、芸者を座敷に呼んで遊ぶ、という意味があって、そこから
「芸者を川から引き揚げる」=「芸者を呼んで遊ぶ」→遊ぶお金があったら車屋なんかやってない、となるのでは??
日本語を巧みに利用する落語って奥が深いですね{笑顔}
Posted by 通りすがり at 2009年06月10日 21:02
そうでしたか。それで観客の爆笑も腑に落ちます。
案外通なお客さんが多かったのですね。
Posted by カナダ at 2009年06月12日 15:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。