2009年05月27日

3階建て 続報

苦戦しておりますよ。



でもこれがふつうの物件での審査なのでしょうね。

僕たちが普段やっている木造2階建てまでの住宅が簡略化され過ぎているんです。



そのことを思い出すいい機会でした。



また、面積算定の方法でも新たな発見がありました。

中でも今回の一番の収穫は設備図がなんとなーくわかったことですかね。

今日書いて持って行ったところなので、審査で問題なければ設備図クリアです。
posted by カナダ at 18:44| Comment(1) | しごと
この記事へのコメント
建築確認やら、いろいろと規制があってタイヘンだ(^^;

おれも家を買おうかと物件(建て売り)を見て回った時期があったんだけど、最近の都内の戸建ては、ほとんどが3階建てだね。
50u程度(建ぺい率60%・容積率200%)の土地にファミリータイプの家を建てようとすると、どうしてもそうなるんでしょ?

なかには最下層が半地下の物件があったり、完全に地下だったりする物件もあったり。。最近の建物は、いろいろと工夫がされているのに、ちょっとビックリした。
Posted by hit at 2009年05月28日 13:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。